破産者でも「おまとめローン」の審査は通るのか?

消費者金融のおまとめローンの審査に通ると、信用に傷をつけることなく、一本化という形で債務の状況を整理することができるので便利です。しかし、破産者は、おまとめローンの審査に申し込んでも、通過することはまずできないと考えておくべきでしょう。

破産者とは、裁判所から破産手続開始の決定を受けた者のことを指します。この立場になってしまうと破産者は所有する財産を管理する権限を失い、破産管財人によって財産の処分が実施されます。破産手続を行っている間は、破産管財人から指示があった場合を除き、破産者自身でお金の調達をしに動くことができなくなるため、おまとめローンは申し込むことすらできません。

破産者としての立場は破産手続が完了するとともに終了しますが、その後もローンやクレジットカードの申し込みにおいて、新規にお金を借りることができないなどといった影響があります。おまとめローンについても当然対象であり、いくら審査に申し込んでも通ることはないでしょう。

ただし、破産をした人のおまとめローンの審査が通らない状況が続くのは、指定信用情報機関から信用情報が削除されるまでです。破産者と取引をしていた銀行や消費者金融が破産の事実を知ると、信用情報機関に破産した事実を登録しますが、登録日から5~10年でその情報は削除されます。削除後は事故情報が無い人と同じ状態に戻り、安定した収入を確保した状態でおまとめローンに申し込めば、審査を通過できるようになります。

おまとめローン審査が通りやすいところはどこ?おすすめはココだ!はこちら